s.t.f.PENTAGON

2009年03月21日

最終手段とも思える手をうってきました。

2009.03.21

世界中の金融バブルが弾け、過度とも思える円高相場も落ち着きを見せています。

アメリカの金融政策もついに最終手段とも思える手をうってきました。

FOMC声明では、向こう6カ月で最大3000億ドルの長期国債を買い取り、新たに7500億ドルのモーゲージ関連債券の買い取り拡大が表明されました。

つまりドルを増刷するということだそうです。

ついにドルの時代は終焉をむかえるのでしょうか?

これからの動きに注目です。

トレードのほうは、デスクワークの合間にスキャルってます。

すこしずつ慣れてきたってとこです。
posted by ZONE-KANA at 14:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ウィンスクエアクラブ H.P.
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。